お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

「仏衣」や「死化粧」。 故人の旅支度についてご説明します。

亡くなった人は、それまで着ていた服から仏衣へと着替え、旅支度をして来世へと向かいます。ではなぜ、普段の衣装ではなく、旅立ちのための装束が必要なのでしょうか? それは仏教の教えに基づいています。この回では仏衣の種類とそれぞれの意味、さらには死化粧についてもご説明します。

「仏衣」とは? なぜ着替えないといけないの?

亡くなった人が身につける着物を「死装束(しにしょうぞく)」と呼びますが、仏式の死装束が「仏衣(ぶつえ)」です。

お葬式では仏衣として「経帷子(きょうかたびら)」という経文などが書かれた着物を故人に着せますが、これは巡礼者や修行僧の衣装。仏教において亡くなった方は旅をしながら次に生まれ変わる世界に向かうと考えられています。死出の山を越え、三途の川を渡っていく険しい道のりですので、無事に乗り越えられるよう残されたご家族が旅支度をして送りだすのです。

仏衣を身につける文化は古くからあり、昔は親族が準備するものとして主に故人とゆかりのある女性が手縫いをしていたのだとか。時間をかけて仏衣を縫うのがむずかしくなった現代では、葬儀社が用意することがほとんどです。

仏衣を着せるタイミング

仏衣はお棺に故人を収める前、「納棺の儀」の前に着せるのが一般的です。「清拭(せいしき)」や「湯灌(ゆかん)」で故人の身体や髪を洗い清めたあとに仏衣をまとわせ、装具なども装着。しっかりと旅支度をして納棺します。

誰が仏衣を着せるの?

昔は親族が故人に仏衣を着せていましたが、現在は葬儀社のスタッフが担当することが多くなっています。映画で知られるようになった納棺師と呼ばれる専門家に依頼するケースもあります。また、ご家族が手伝い、身支度の一部を担うこともあるようです。



仏衣など故人が身につける装束一式について。

旅の装束にはさまざまなアイテムがあります。そのひとつひとつに意味があり、故人がつつがなく旅をできるようにと願うご家族の想いが込められているのです。

仏衣・経帷子

経文を記した着物のことをいいます。“この世に留まらず来世にまっすぐ行ける”よう縫い目の糸尻を止めず、返し縫いもしないのが特徴。白色のものが一般的ですが、近年は色味を加えたタイプも登場しています。

白足袋、わらじ

白足袋は靴下、わらじは靴の役割をもちます。故人が快適に長旅をできるよう、足もとの支度もしっかりして送りだします。

脚絆(きゃはん)

脚絆は、足を保護する装飾品。長距離を歩くとき、昔の人はひざに脚絆をつけて足を守っていました。無事に歩いて来世へたどり着けるよう、故人の足にも脚絆をつけて保護します。

手甲(てっこう)

手の甲や手首を守るためのものです。昔は武具の一部で、刀から手を守るためにつけられていました。故人には布製のものをつけ、旅のなかで日よけや汗をぬぐうために使います。

頭陀袋(ずだぶくろ)・六文銭(ろくもんせん)

頭陀袋は旅の道具を入れるかばんの意味をもち、なかには三途の川の渡し賃である六文銭を入れます。現代は六文銭を用意するのがむずかしいので、六文銭を印刷した紙や今の紙幣を代わりにします。

数珠

数珠は手にしているだけで煩悩を消滅させ、功徳が得られるといわれています。故人の愛用品があればそれをもたせ、ない場合は新しい数珠を用意しましょう。

亡くなった人は来世へ歩いて向かうため、“倒れずにたどり着ける”ことを願って杖もお棺のなかに入れます。故人が愛用していたものは燃えにくい素材を使用している場合もあるので、葬儀社が準備する火葬用の杖をもたせましょう。

編笠

日よけと雨よけの役割がある笠も装束のひとつ。故人の頭にかぶらせるのではなく、旅の道具としてお棺のなかに入れます。

三角頭巾・天冠

亡くなった人の頭につける三角形の布のことで、「三角布」「天冠」とも呼ばれます。“高貴な人がかぶる冠をつけさせたい”“顔を隠したい”など由来は諸説あります。近年は故人の頭に装着せず、編笠につけるなどしてお棺に入れるのがほとんどのようです。

仏衣の着せ方

仏衣・経帷子は“左前”になるように着せます。 死後の世界は生きている世界と真逆の関係だといわれているため、通常は右前で着付けている着物を左前にして故人に着せるのです。このように現世の習わしとは反対にして生者と死者を区別することを「逆さごと」といいます。足袋や脚絆など他の装束でも逆さごとを行い、裏返したり、逆向きにしたりして身につけさせる場合があります。

装束を身につける順番に決まりごとはありません。ひとつの例として、仏衣を着せる→頭陀袋を首にかける→手甲をつける→脚絆を装着する→白足袋・わらじで身支度し、故人をお棺に納めたら杖を入れる流れがあるようです。

宗教・宗派によっては仏衣を着ないことも

仏衣を着ない宗教や宗派もあります。例えば、浄土真宗は亡くなってすぐに成仏する「往生即成仏」で死出の旅にでないため、装束は必要ないという考えをもっています。逆さごとのしきたりもないため、故人は白服または白衣を“右前”で身につけます。
神式のお葬式で亡くなった人は「神衣(かむい)」をまといます。男性の場合は白い狩衣(かりぎぬ)に烏帽子をかぶせて笏(しゃく)をもたせ、女性は白の小袿(こうちき)に扇子をもたせるのが正式な装束です。



イマドキの仏衣。さまざまなスタイルを選べます。

“自分の好きな服であの世へ旅立ちたい”という故人の願いや、“故人らしく送りだしたい”というご家族の想いから、最近は従来のしきたりにとらわれない装いを取り入れるお葬式も増えています。また、白以外のカラーやおしゃれなデザインを施した仏衣も登場。バリエーションが豊かになっているので、好みのスタイルを選んでもいいでしょう。

故人がお気に入りだった洋服や着物を着せたい場合

故人が生前に愛用していた洋服や着物を着せることも可能です。着せたい衣装を準備しておき、担当者に着せてもらいましょう。着物の場合は逆さごとに従い、仏衣と同じく左前に着付けます。洋服は通常どおりに着用してOKです。
ただ、洋服は構造や素材によって着せにくいこともあります。うまく着せられなければ、仏衣の上から服をかけるなどの工夫をしてもいいでしょう。また、アクセサリーは燃えにくい素材が多く、避けたほうが無難。身につけさせたいときは、葬儀社の担当者に相談してみてください。

エンディングドレスの人気も高まっています

近年は「エンディングドレス」も話題になっています。レースや刺繍をふんだんにあしらった衣装は、ウエディングドレスのように美しいデザインが魅力です。ホワイトやピンクなどやさしい色合いのものが多く、お葬式の雰囲気にもそぐいます。 エンディングドレスは死後に着る衣装として設計されているため、着せやすいのもポイント。ドレスにボリュームがあるため、故人の身体が痩せている場合は上手にかくしてくれるメリットもあります。女性はいつでも美しくありたいもの。ドレスアップして旅立つのも、すてきなスタイルではないでしょうか。

自由なスタイルを選ぶときの注意点

お葬式への考え方が多様化してきたとはいえ、受け継がれてきたしきたりを重んじる方はたくさんいらっしゃいます。参列する親族の方々と話し合い、承諾を得ておくとトラブルを避けられます。洋服の上から仏衣をかけるなどの方法で、折り合いをつけてもいいでしょう。
自由なスタイルをまとわせても、故人が来世への旅にでるのは同じこと。故人が何事もなく旅を終えられるよう、旅の装束一式は棺のなかに入れていっしょに火葬しておきましょう。



「死化粧」で故人の美しい旅立ちを演出。

故人の髪やお顔を整えて化粧を施すことを「死化粧」といいます。また、亡くなってからの処理と死化粧をするまでの死後ケアをまとめて、「エンゼルケア」と呼ぶこともあります。
死化粧は来世への旅支度のひとつ。身だしなみを整えた美しい姿で旅立たせてあげられるとともに、故人の最期を少しでもよい印象にしたいとするご家族の想いも実現できます。

いつ、どのように、死化粧をするの?

死化粧は、亡くなってから納棺までの間に施します。まずは故人の身体や髪を清めてヘアスタイルを整え、爪が伸びているなら切りそろえます。男性はひげを剃ってすっきりさせましょう。頬をふっくらとさせるために、両頬に含み綿を入れるケースもあります。
メイクは飾り立てるのではなく、薄化粧で生前の姿に近づけることを目指します。ファンデーションやコンシーラーで顔色を明るくし、チークと口紅でほんのり赤みをさします。男性であってもファンデーションなどで薄化粧を施せば、ナチュラルな肌色に仕上げられます。ご家族で仕上がりのイメージをもっている場合は、メイク担当に希望を伝えておきましょう。

死化粧は誰がするの?

死化粧をする人は、亡くなった場所やご遺体の処置方法によって違ってきます。例えば病院で臨終を迎えたら、看護師が故人の全身を清拭したあとに施してくれるのが一般的。湯灌やエンバーミング処置を行うケースでは、施術後に担当者が行うようです。また、死化粧を実施しない病院であれば、葬儀社に依頼。納棺師といったスペシャリストにお願いするのも一案です。
死化粧は故人の身内が行うことも可能ですが、衛生上の問題もあるので担当者にまかせるほうが安心です。ご家族の手で故人を美しくしたい場合は死化粧が終わったあとに、生前愛用していた口紅をさす、爪にマネキュアを塗るなどで最後の仕上げをしてあげるといいでしょう。



一覧へ戻る