お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

通夜式と葬儀・告別式、どちらに参列すべき?

通夜式と葬儀・告別式の2日間にわたって行われるお葬式。どちらに参列したらいいか迷ったことはありませんか? 今回はそれぞれの儀式の意味やお葬式のしきたりの変化から、どんな場合にどちらに参列すればいいか考えてみました。さらに、どちらにも参加できないケースのマナーもご紹介。対応の参考にしてください。

そもそも、通夜式や葬儀・告別式にはどんな意味があるの?

近年は、通夜式と葬儀・告別式の違いがあいまいになってきているといわれています。しかし、本来はそれぞれに意味があり、参列すべき人にも違いがあったのです。

葬儀・告別式とは

通夜式の翌日に行われる「葬儀・告別式」。昨今では「葬儀式」と「告別式」はいっしょに執り行われていますが、実はそれぞれ違う意味をもつ儀式です。
葬儀式は、ご家族などの近親者で “故人の冥福を祈る宗教儀式”。僧侶が主導して行い、その形式は宗派によって異なります。一方の告別式は、“故人と最後のお別れをする社会的儀式”で、誰もが出席できるものです。そのため、一般の参列者は葬儀・告別式に出席するというのが本来の在り方だとされています。


近年は通夜式への参列が多い傾向に。

通夜式は本来、近親者など故人と縁の深い人が集まって執り行うものでしたが、近年は友人・知人など一般の方の参列も増えています。主な理由は、時間です。通夜式は夕刻から行われるため会社や学校を休む必要がなく、誰でも参列しやすいというわけ。その流れを受けて、世の中の風潮も「通夜式は親しい人だけ」という考えから「どちらに参列してもかまわない」というように変わってきており、会社関係者のお葬式の場合は、むしろ通夜式に参列するのがマナーとする向きもあります。

通夜式自体も夜を通して行うものから、夕方以降に開始して2時間程度で終了する「半通夜」がほとんど。内容も僧侶の読経や焼香など同様の儀式があることから、通夜式と葬儀・告別式の違いがあいまいになってきています。

また、最近のお葬式は葬儀場で行う場合が多く、参列者を幅広く迎えられるよう会場が整備されているのも参列のしやすさにつながっています。葬儀場によっては、会場が開いている時間帯であれば時間に遅れても焼香できるなどの配慮があり、忙しい方でも通夜式に駆けつけやすくなっています。


本当は、どちらに参列したほうがいい?

通夜式も葬儀・告別式も、故人を悼みお別れする場です。どちらに参列するかよりも、参列すること自体に意味があります。そのため、基本的には「都合がつくほうに参列する」というスタンスで問題はありません。ただ、地域に伝わる風習によっては、どちらに参列すべきか決まっていたり、ご家庭ごとでも考え方が異なっていたりします。

また、お葬式の案内に、どちらに参列してほしいかを記載していることもあります。その場合は案内に従い、書かれていないときはケースバイケースで対応しましょう。

ケース1:通夜式と葬儀・告別式の両方に参列する

本来、通夜式に参列する故人と親しい関係の人は、通夜式と葬儀・告別式の両方に参列するのが習わしです。なかでも親族は、両方に参列するのが望ましいとされています。ただし、遠方からの参列や仕事などの都合で両方に出席するのがむずかしいのであれば、どちらかでもかまいません。お世話になった先生や上司、仲のいい同僚、家族ぐるみでおつきあいのあった近所の方など、生前の故人と親しかった方々も両方に参列するといいでしょう。喪主やご家族と親しい関係がある人の場合も、ご家族のために両日とも参列することをおすすめします。また、故人が会社関係者であれば、一般の人でもどちらともに参列してお葬式を手伝うケースがあるようです。
両方の式に参列する場合は、香典を渡すタイミングも気になるところ。香典は本来、葬儀・告別式で渡すものなのですが、どちらにも参加するときは通夜式でお渡しするといいでしょう。

ケース2:通夜式のみに参列する

2日間のお葬式のうち、「都合で通夜式にしか出席できない」という場合は通夜式のみの参列でOKです。ただし、 “通夜式は親しい人のみで行う”という風習が残る地域もあるので、念のため確認しておくと安心です。どちらでも出席可能な場合は、葬儀・告別式に参列するほうが無難です。
とはいっても、参列への考え方は時代とともに変化しています。近年は一般の方も通夜式に参列するという傾向があり、とくに都市部では「通夜式に参列する」ほうが主流になりつつあります。ご自身や周りの状況を見て、そのときどきで判断するのがいいでしょう。

ケース3:葬儀・告別式のみに参列する

昔ながらのお葬式では、故人と特別に親しい関係ではない一般の方は、葬儀・告別式に参列するのが習わしでした。どちらにも都合がつくのであれば、葬儀・告別式に参列するほうがいいでしょう。
ただこれまで述べてきたように、近年は“通夜式と葬儀・告別式のどちらに参列してもかまわない”という風潮があります。日時のなどの都合がつかない場合は、通夜式に参列して故人を弔いましょう。また、どちらに参列したほうがいいか迷ったときは、お葬式を執り行う喪主や親族、参列を予定している周囲の人に尋ねてみるのもいいかもしれません。


通夜式や葬儀・告別式に参列できないときの対応とマナー。

突然の訃報では、通夜式にも葬儀・告別式にも参列できないこともあります。参列しなかったからといって失礼にはあたりませんが、弔意は示したいもの。こちらでは、参列できない場合の対応やマナーについて紹介します。

欠席の連絡はできるだけ早く

逝去からお葬式まではあまり時間がありません。お葬式の案内をいただいたにも関わらず参列できない場合は、できるだけ早く欠席の連絡を入れるのがマナー。できれば直接電話して「どうしても都合がつかないため参列できません」などと完結に伝えましょう。その際、詳しい理由を説明する必要はありません。理由が慶事である場合などは失礼にあたることもあり、忌み言葉の使用もマナー違反にあたるので、使う言葉にはお気をつけください。いずれにおいても、悲しみを抱えながらお葬式の準備に追われているご家族に負担をかけない心配りが大切です。

弔電は言葉づかいに注意

お葬式に参列するかわりに「弔電」を打つ方法があります。さまざまな会社が弔電サービスを行っており、電報のみというものから供花やお香典もあわせて送れるものなどもあって状況に応じた利用が可能です。
弔電のメッセージもほとんどのサービスでテンプレートが用意されているので、それを利用すれば問題ないのですが、できれば自分の言葉を添えたいもの。ただし、「苦しむ」「追って」「たびたび」「ますます」などお葬式にふさわしくない忌み言葉は避け、「追って→のちほど」など似た意味のものに言い換えましょう。
また、神式やキリスト教式のお葬式に送る場合は、「成仏」「供養」「冥福」など仏教言葉の使用もNGです。

お香典を渡したいときは?

お葬式に参列できなくても、お香典を渡すことはできます。渡す方法としては、「参列する人に預ける」「郵送する」「改めて持参する」があり、友人・知人がお葬式に参列する場合はお香典を預けて渡してもらうといいでしょう。また、代理人を立ててお葬式に参列してもらう方法もあり、配偶者や兄弟などの家族や、仕事関係のお葬式であれば部下などに代理人を頼むケースが多いようです。
郵送する場合は、香典袋を封筒に入れて現金書留で送ります。郵送はできるだけ早いタイミングで行い、お悔やみ状を添えると丁寧な対応になり弔意がより伝わりやすくなります。
お葬式後に改めて弔問してお香典を渡す場合は、あらかじめご家族に連絡を入れてから伺います。また、そのときはお香典に供物を添えるといいでしょう。
なお、お香典を辞退するご家族もいらっしゃいます。ご家族の意向を事前に確認してから、お香典をご準備ください。

供花や供物を送るときに気をつけたいこと

お葬式ではお香典以外に供花や供物を送ることができ、香典辞退の場合でもこちらを送って弔意を伝えられます。ただし、お香典同様に供花・供物を辞退しているご家族もいらっしゃいます。必ずご家族か葬儀を執り行う葬儀社に確認をとってからお送りください。 供花は、宗教によってふさわしい花の種類があるなどマナーに違いがあります。さらに、祭壇の飾りとして決まった種類の花しか使わないケースもあるので、葬儀場の担当者などに確認するとマナー違反を避けられます。葬儀社によっては適した供花を準備してもらえることもあり、それを利用してもいいでしょう。
供物には、日持ちする品物を選びます。殺生を連想させるものはNGなのでご注意を。仏教では線香やろうそくなどを送ることもありますが、神式には不向きです。また、キリスト教式のお葬式には供物の風習がないことも覚えておいてください。

時代とともにお葬式への意識が変化し、様式自体も変わってきました。けれどもお葬式が、故人を悼み最後の別れの場であることに変わりはありません。どのタイミングで参列するにしても、あるいは参列できない場合でも、故人やご家族への思いを伝える振る舞いを心がけたいものです。


一覧へ戻る