お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

副葬品。お棺に何を入れてもいいの?

故人が旅立つとき、副葬品として愛用品や思い出の品をお棺に入れてもたせます。これらの副葬品に決まりごとはないのですが、なんでもお棺の中に入れられるわけではありません。ふさわしくないものもありますので正しい知識をもって選び、家族の想いを込めた副葬品とともに故人を送りましょう。

副葬品とはどういうもの?

副葬品とは、死者とともに埋葬される物品のこと。日本はもとより世界の国々でも古くから伝わる風習で、古墳から出土される土器や武具なども副葬品に数えられます。

昔の人たちは副葬品に意味を込め、故人があの世で生活するために困らないようにするもの、故人の復活を願うためのもの、また権力者の場合は生前の地位を表す豪華な品々がともに埋葬されました。

時代とともに副葬品の考え方も変化し、現代ではあの世に旅立つ故人への手向けとして思い出の品や嗜好品をお棺に入れるのが一般的です。

何を副葬品に選べばいいのか迷ってしまう…。
そんなときのおすすめは?

副葬品は家族が故人を偲んで選び、お棺に納めます。火葬のルールに則っていれば基本的に何を入れてもいいのですが、慌ただしくお葬式の準備をしているときに選ぶので悩んでしまいがち。こちらでは、選択のヒントになるおすすめの副葬品をご紹介します。

故人への想いを伝えるもの

家族や親しい人が故人に気持ちを伝える「手紙」や「寄せ書き」は、心のこもった副葬品になります。また、家族は想いを文字にして書くことで気持ちの整理がつきやすく、故人を見送る準備ができます。

故人が好きだったもの

「食べ物」や「飲み物」など、故人が生前に好んでいたものは副葬品の定番。好きだった料理や菓子を旅立ちのお供にしましょう。「お酒」は紙パックのものならそのまま入れられます。故人が吸っていた「タバコ」も紙巻きなら問題ありません。

生前の故人を表現するもの

「洋服」や「着物」など故人が着ていたものを1〜2枚ほど入れるのもよいでしょう。絹や綿、麻など天然素材のものを選んでください。また、「香水」や「アロマオイル」など故人の好きな香りをひとかけするのもおすすめです。

残しておくとつらくなるもの

「故人が生前に大切にしていた手紙」など、残しておくとつらくなるものは副葬品にして送りましょう。「故人のコレクション品」も小さくて燃えるものであればお棺に入れられます。

故人がお棺に入れてほしいと願ったもの

故人が生前から副葬品を用意していることもあります。「エンディングノート」などに記載されていないか確認し、あった場合は可能な限りいっしょに葬ってあげましょう。



スイカまるごとは爆発する!?
副葬品にふさわしくないもの。

それでは、副葬品としてお棺に入れられないのはなんでしょうか。一言でいうと「燃えないもの」です。昔の日本は土葬がほとんどだったため、何を入れても問題ありませんでした。しかし、現在の日本では火葬が一般的です。故人とともに燃やせるものが副葬品にできる基準となり、火葬炉の事故につながる危険物や水分を多く含んでいるものもお棺に入れられません。

◆副葬品にできないもののルール

  • 火葬炉など設備の故障につながるもの
    例:釣り竿やゴルフクラブ、テニスラケットなどのカーボン製品 …など
  • CO2の排出など環境汚染につながるもの
    例:ビニール素材のバッグや靴、プラスティック製品、ゴム製品 …など
  • 燃えにくく不完全燃焼の恐れがあるもの
    例:水分の多い食べ物、大きなぬいぐるみ、ふとん …など
  • 遺骨の損傷につながるもの
    例:アクセサリーなどの金属製品、食器などのガラス製品 …など

◆副葬品に適さないもの代表例

ハードカバーの分厚い本

ページ数の多い分厚い本やアルバムは燃えにくいため、お棺の中に入れられません。薄い本を選ぶか、分厚い本の中から数ページを切り取るようにしましょう。

腕時計やアクセサリー

金属でできている腕時計やアクセサリーは燃えないのでNG。また、溶けた金属が遺骨に付着して傷つける恐れもあります。結婚指輪など小さなものは遺骨といっしょに骨壷に入れられることもあるので、葬儀社や火葬場の担当者に相談してみましょう。

缶や瓶に入ったお酒

故人が好きだったお酒を入れてあげたいと願っても、缶や瓶は不燃物なので副葬品にできません。紙パックのものを選ぶか、紙コップなど燃える容器に移し替えれば大丈夫です。

まるごとフルーツ

スイカやメロンなど大きな果物は水分が多く燃えにくいもの。さらには、火葬炉の中で爆発してしまう危険性もあります。故人の好物だった場合は、小さくカットしてお棺に入れてあげましょう。

CDやDVD

故人がファンだったアーティストのCDやDVDも不燃物。ジャケットや歌詞カードなど紙のものなら副葬品にできます。また、可能な会場であれば、お葬式の演出として故人が愛聴していた曲を流してもよいでしょう。

副葬品にできるのか? 相談が必要なもの

メガネ

メガネはレンズが溶けて骨に付着する恐れがあるため、基本的にNG。とはいえ、火葬場によっては“1本だけならOK”にしているところもあるので、葬儀社や火葬場の担当者に相談してみてください。

入れ歯

入れ歯には金属やプラスティックが使われているため燃え残る可能性があります。こちらもメガネ同様、特別に入れてもらえることがあるので担当者に確認してみましょう。

ペースメーカー

ペースメーカーなど医療機器を体内に装着していると火葬時に爆発してしまう危険性があります。故人がペースメーカーをつけている場合は、必ず葬儀社や火葬場の担当者に申告してください。



お棺に入れられないものを副葬品にしたい!
そんなときはどうすればいい?

故人といっしょに葬ってあげたいと願ったものが副葬品にできないのは悲しいこと。お棺に入れられない品を副葬品にしたいときは、火葬までお棺の上に飾っておくといいでしょう。火葬時に取り外せば火葬炉に影響を与えませんし、旅立つ直前まで故人とともに過ごせます。

また、副葬品にしたいものを撮影し、写真としてお棺に入れるのもひとつの方法です。写真にすれば、車やゴルフクラブセットなど大きなものも副葬品にできます。

地域事情に詳しい人への事前相談がおすすめ
「何を副葬品にできるのか?」は、地域のしきたりや火葬場の決まりごとでそれぞれ事情が異なります。地域事情に詳しい近くの葬儀社へ事前に相談しておけばいざというときに慌てず、想いを込めた副葬品を用意できます。

一覧へ戻る