お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

シーン別にわかる!香典袋の選び方と表書きの書き方。

お葬式などの弔事に参列するときは香典を持参します。いざ、香典を準備しようとすると、どのような袋を用意し、表面に何を書けばいいのか?迷ってしまった経験はどなたにもあるはず。
香典袋や表書きは宗教・宗派はもちろん、参列する地域によっても異なります。弔いの気持ちを表す香典でのマナー違反は避けたいもの。今回のコラムでは香典袋について詳しくご説明しますので、準備時の参考にしてください。

香典袋は香典を入れる袋のこと。

「香典袋」は、文字通り香典を入れる袋をさします。香典は故人への弔意を表して供える品のことで昔はお花や線香でしたが、現代では現金がほとんど。そのままでは失礼なので、袋に入れて渡すのが通常です。

また、香典袋という呼び名は仏教特有のもの。ほかの宗教では「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」という場合が多いようです。香典袋と不祝儀袋の違いに迷われる方もいらっしゃいますが、基本的な意味合いに違いはありません。同じものと考えていいでしょう。

香典を辞退するお葬式もある

近年は家族葬など小規模なお葬式が増えていることから、香典を辞退するケースもよくみられます。喪主から香典辞退の連絡があったなら、その意思を尊重し、香典を用意する必要はありません。参列者の気持ちを押しつけて無理に渡すのはもってのほか。絶対に止めてください。
どうしても弔意を伝えたいときは別の方法を考えましょう。辞退していなければ供物や供花を贈ってもいいですし、ご家族に心を込めた言葉をかけるだけでも故人の供養につながります。

香典を準備するときに必要なもの。

香典の準備には、香典袋以外にも用意するものがいくつかあります。

香典袋(不祝儀袋)

香典袋(不祝儀袋)は、白を基調とした袋に紐飾りである「水引」がついているものが一般的。不祝儀で使われる水引の結び方は、〈同じことが起きない〉〈一度で終わる〉という意味をもつ「結びきり」や「あわじ結び」のものを使います。〈何度繰り返してもいい〉という意味の「蝶結び」は祝事の水引なので決して使用しないでください。
香典袋は文房具店をはじめ、スーパーやコンビニなど多くのショップで手軽に購入できますが、種類がたくさんあるため適切なものを選ぶ必要があります。
※香典袋の選び方については、次の章で詳しく説明しますので参考にしてください。

薄墨の筆ペン

香典袋の文字は、“(悲しみで)墨に涙が落ちてしまった”ことを表す〈薄墨〉で書かれるのが望ましいとされています。習字の得意な方であればご自身で墨を引いて薄墨をつくればいいのですが、通常はむずかしいので筆ペンを活用しましょう。文房具店やスーパー、コンビニなどで販売されているので入手は簡単です。
また、表書きが印刷されている香典袋を購入すると、印刷の文字が薄墨より濃い場合があります。そのときも名前は薄墨でOK。色のトーンの違いが気になるのであれば、印刷に合わせて濃い色で書いてもかまいません。住所や氏名を記入する内袋は、薄墨、黒ペン、どちらで書いても問題ないとされています。

お金

香典にするお金は、新札ではなく、〈古いお札=古札〉を用意します。これには諸説あり、〈新札だと不幸があることを予想して前々から準備していたと捉えられる〉〈新しい不幸が怒らないよう願う気持ちが込められている〉などといわれています。対して、結婚式などの祝儀には新しいお札を包むのがマナーです。
古いお札がいいといっても、あまりにもボロボロなものを香典にするのは失礼です。汚れやシワが目立つものは避け、新札に見えない程度のお札を包みましょう。急なお葬式で手元に新札しかない場合は、真ん中に折り目をつければ使用できます。

ふくさ

香典袋はそのまま手にするのではなく、ふくさに包んで持ち運ぶのがマナー。
ふくさとは、香典袋や祝儀袋を包む布のことで、一重または二重になっている正方形で小さな風呂敷のようなものが一般的で、袋型になっている金封ふくさや角に爪がついている爪つきふくさなどもあります。素材や装飾もさまざまで、色も多彩。お好みで選んでかまいませんが、色には注意しましょう。慶事であればエンジや朱など明るい色味が適していますが、弔事には紺や濃いグリーンなどの深い色を選びます。ただし、高貴な色とされる紫は慶事でも弔事でも使用可能。新しく購入するなら、紫をおすすめします。
ふくさをもっていない場合は、香典袋をハンカチや小風呂敷で包んで持参しましょう。

香典袋の選び方のポイント。

香典袋(不祝儀袋)には、水引の色や使用する紙の質などが違うさまざまなタイプがそろいます。選択にはいくつかのポイントがあるので、それらを押さえて適切なものをお選びください。

ポイント(1) 包む金額に見合う袋を選ぶ

香典の金額は、用意する人の年齢や立場、故人との関係によって変わります。それを包む香典袋は、金額に見合ったグレードのものにするのがマナーです。
目安としては…

●3,000円〜5,000円:「印刷多当」ともいわれる、水引がプリントされたシンプルなタイプを使います。水引の色は黒白や青白が多いようです。金額が一万円未満であれば、水引が印刷されているタイプを選ぶといいでしょう。

●10,000円〜:一万円以上になるとプリントではなく「水引金封」と呼ばれる実際の水引がついたタイプを選びます。水引に使う飾り紐の本数は5本で、色は黒白か黄白が一般的。外袋のほかに、お金を入れる用の中袋がセットされています。

●30,000円〜: 3万円以上になると「中金封」という水引金封よりひと回り大きいものを用意。このタイプは素材に高級和紙を用い、水引は双銀で7本の紐をあわじ結びにしていて高級感があります。コンビニでは手に入りにくいため、文房具店などで購入するといいでしょう。

●100,000円〜: 10万円以上を包む場合は、香典袋も豪華に「大金封」という大きなサイズを使います。高級和紙を使い、双銀の水引は10本の紐をあわじ結びに。中袋はのし袋ではなく、紙で包む多当タイプになっていることが多いようです。

ポイント(2) 宗教にあわせて選ぶ

香典袋(不祝儀袋)は、宗教によって異なります。ふさわしいものを選ばないと、マナー違反につながるのでご注意ください。

●仏式:袋は白無地または蓮の絵柄が入ったもの。水引の色は黒白や双銀、黄白が多く、結び方は結びきりかあわじ結びを選びます。

●神式:白無地の袋に、双白、双銀、黒白の水引のもの。結び方は、結びきりかあわじ結びが一般的です。ただし、一年祭以降は黒白の水引は使えないのでご注意ください。

●キリスト教式:カトリック、プロテスタントの教派を問わず、白無地か十字架や白百合などが印刷された封筒を使います。水引は必要ありません。キリスト教の不祝儀袋が用意できなかった場合は、のし袋や白い封筒で代用します。

●すべてに共通:白無地の袋に黒白や双銀の水引は、宗教を問わず使用できる香典袋(不祝儀袋)です。参列するお葬式の宗教に迷ったときや、無宗教葬のケースでもこちらを選ぶといいでしょう。

ポイント(3) 地域によって違いがあることも

香典袋には、地域によっても異なる慣習があります。とくに水引の色に違いが見られ、関東では黒白や双銀がほとんどですが、関西から西の地域では黄白を使うことが多いようです。なかでも京都は黒白の水引を使うことは少なく、黄色と白色が基本。京都にあった皇室への献上品には黒に近い玉虫色の水引が使われていたため関西では黒い水引が控えられ、黒の次に喪を表す黄色を使用するようになったのが理由だといわれています。さらには、“香典袋は黒白、お布施は黃白”と使いわけられているケースもあるようです。
このように、香典袋には地域の特性もあるため、事前に地域の事情に詳しい人に確認しておくと安心です。

表書きと中袋には何を書くの? 香典袋の書き方。

香典袋(不祝儀袋)は、袋の表面への「表書き」や中袋への記入など、文字を書くところがいくつかあります。香典袋には特有の書き方があるので、間違いのないようにしてください。書き入れは基本的に薄墨の筆ペンを使いますが、中袋は黒のペンを使ってもいいとされています。

表書きは宗教・宗派にあわせて書く

外袋表面の上段に書く表書きは、宗教・宗派によって異なります。基本的には故人の宗教・宗派にあわせましょう。販売されている香典袋のほとんどには、表書きを印刷した短冊がついているので、そこから選んでも問題ありません。

●仏式(浄土真宗をのぞく):通夜式や葬儀・告別式の香典には、「御霊前」が一般的。四十九日法要を過ぎると「御仏前」「御佛前」に変わります。また、香典は線香やお花の代わりに供えるものなので、「御香典」「御香料」としてもかまいません。

●仏式(浄土真宗):浄土真宗には人は亡くなるとすぐ仏さまになるという往生即成仏の教えがあるため、〈霊〉という概念はありません。そのため、時期に関係なく「御仏前」「御佛前」を用います。

●神式:通夜祭や葬場祭でお渡しする不祝儀袋には、「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などが使えます。五十日祭以降、故人は家を守る神になるため「御神前」を使うといいでしょう。

●キリスト教式:「お花料」は、カトリック、プロテスタントを問わず使えます。さらに、カトリックは「御ミサ料」、プロテスタントには「弔慰金」とい独自の表書きもあるようです。

●迷ったらこれ!:仏式(浄土真宗以外)や神式、キリスト教式(カトリック)のすべてに対応するのが「御霊前」。宗教・宗派に迷ったときは、こちらを使うと間違いありません。無宗教式への香典でも、表書きは「御霊前」「御香典」がおすすめです。

名前は、故人でも連名でもOK

外袋表面の下段には香典を贈る人の名前を記入。薄墨を使い、丁寧に手書きしましょう。

●個人の場合:お葬式には親族が数多く参列します。名字だけでは誰かわからない場合もあるため、フルネームを書き入れましょう。また、仕事関係の方であれば、右肩に会社名を書いておくと丁寧。社名は名前より小さく記すとバランスが取れます。

●2人の連名の場合:年長者など目上の人から順番に右から書きます。ご夫婦の場合は中央に夫のフルネームを書き、左隣に妻の名を記しましょう。結婚で名字が変わって今の名前で伝わりにくいようであれば、中袋に旧姓を書いておくと親切です。

●3人の連名の場合:3名までなら、表面に書いて問題ありません。年長者などの目上の人から順に右から書いていきます。上下のない間柄であれば、五十音順にすればいいでしょう。

●4人以上の連名の場合:4名以上で香典を渡すときは代表者の名前を記し、左側に「他一同」と書き添えます。会社や趣味のグループなどでまとめてだすのであれば、「会社名(グループ名)+一同」とするといいでしょう。

さらに別紙を用意し、全員の名前を記入して同封。別紙に名前を書き入れる順番も、目上の人から右から左へ書いていきます。

中袋には、金額や住所を書き入れる

香典の金額が一万円以上で使用するタイプの香典袋には、現金を入れる中袋がついています。中袋の表面には〈香典の金額〉を、裏面は贈る人の〈名前〉〈住所〉を書き入れてください。
また、表面の金額は通常使っている算用数字ではなく、旧字体の漢数字を縦に書くのがマナー。画数が多く書き慣れない文字なので、ゆっくり丁寧に書くといいでしょう。

よく使われる金額を旧漢数字にすると…

●3,000円→「金参仟圓」または「金参阡圓」
●5,000円→「金伍仟圓」または「金伍阡圓」
●7,000円→「金七仟圓」または「金七阡圓」
●10,000円→「金壱萬圓」
●30,000円→「金参萬圓」
●50,000円→「金伍萬圓」
●70,000円→「金七萬圓」
●100,000円→「金拾萬圓」または「金什萬圓」

お札はどう入れる? 香典の包み方。

香典袋にはお金の入れ方や袋の閉じ方などにも決まりがあります。

お札の入れ方

香典にするお札は新札ではなく、古札を用意します。何枚かのお札を入れるときは表裏や上下の向きをそろえて重ね、袋の表面に対してお札が裏面(肖像画のない面)になるよう入れるのがマナー。この入れ方は中袋あり・なしに関わらず同じで、中袋が奉書紙になっている中包みタイプでも表面に対してお札が裏面になるようにします。
お札の上下に関してはどちらでもいいとされていますが、慣習として決まっている地域もあるようです。葬儀社や年長の親族など、地元の風習に詳しい人に確認しておいてもいいでしょう。

香典袋の包み方

お金を入れた袋は上部を折るだけで、のりやテープで封をしません。中袋がないタイプでも同様です。 中袋のあるタイプの香典袋では、お札を入れた中袋を外袋にセットします。多当折りになっている外袋を開き、中袋を外袋の表面にあわせて真ん中に置いて左右を折り込みます。次に上の折返しを下に重ね、上側の折返しを開いて下の折返しを挟んで止めましょう。
香典袋では、必ず上側の折返しを重ねるようにするのがしきたり。これには〈悲しみを流す〉や〈涙をため込まない〉という意味があるそうです。

一覧へ戻る