お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

火葬場でやること。やってはいけないこと。

近年のお葬式では、告別式が終了すると故人を火葬場へと搬送し、火葬するのが一般的。火葬は“ご遺体を焼却すること”だという認識はされていますが、では具体的にどのような流れで行われ、同行しているご家族が何をするのかをご存知の方はそう多くないのでは。今回は日本においての火葬の意味から火葬場でのマナーまで、さまざまな角度から火葬についてご説明します。

火葬はいつから伝わった? 火葬の意味と歴史。

「火葬」とは、ご遺体を焼却して残ったお骨を葬ること。日本では一般的な葬送方法です。そのほかの方法としてはご遺体を土に埋める「土葬」や自然に還す「風葬」などがあり、欧米では現在でも土葬が多くみられます。しかし、日本は火葬率が99.9%以上といわれ、ほぼすべてのご遺体が火葬されています。

火葬の歴史は古く、飛鳥時代の仏教とともに伝えられた風習だといわれています。また、縄文時代の遺跡からも火葬した骨が出土しており、それ以前から火葬による埋葬があったことも認められているようです。
伝わったとはいえ、火葬が実際に行われていたのはごく一部の貴族や豪族のみ。庶民は土葬が主流でした。当時の日本にはご遺体を傷つける行為を罪とする思想があり、また火葬には燃料と時間がかなりかかったことも庶民に普及しなかった理由だといわれています。

時代とともに火葬は増えていきますが、明治初期には政府から禁止令がだされます。焼却による煙やニオイが原因だったようですが、それにより土葬するスペースが不足したため、2年後には禁止を解除。さらに、明治30年には「伝染病予防法」により、伝染病(感染症)による死者を火葬するのを義務づけられたため各自治体は火葬施設の設置を積極的にはじめます。設備が整ったうえに衛生的であることも支持され、火葬は広く普及していきました。

火葬は絶対にするものではありません

昔はご自宅で亡くなる方が多かったので、臨終時に僧侶を招いて読経いただいていました。しかし、現代では病院で臨終を迎える方がほとんど。亡くなったあとは、すみやかにご遺体を搬送しなくてはいけないため、ご遺体を安置している場所で枕経を行います。 具体的なタイミングとしては、安置してすぐ、納棺の前、通夜式の前などがあり、地域の習慣によっても異なります。とはいえ、基本的に行う時間に決まりはないので僧侶と相談し、なるべく早いタイミングで行うといいでしょう。

「荼毘にふす」ってどういう意味?

火葬を「荼毘にふす(だびにふす)」と表現される場合があります。「荼毘」は仏教の経典に使われていたインドの言葉であるパーリ語とサンスクリット語を語源とし、“燃やす・火葬”という意味をもちます。つまり、荼毘にふすは“火葬をする”ことなのです。
このことからわかるように、荼毘にふすは仏教用語。神式やキリスト教式のお葬式で火葬しても、荼毘にふすとはいいません。

火葬をするタイミングは、決まっているの?

火葬するタイミングは、葬儀・告別式を終えて火葬する「後火葬」が一般的。流れとしては、亡くなった次の日(2日目)の夕方から通夜式を行い、3日目の午前中に葬儀・告別式を営み、その後に火葬することが多いようです。とはいえ、ところによってお葬式の風習が異なるように、火葬のタイミングにも地域性はあります。

「前火葬」「骨葬」をする地域も

通夜式や葬儀式の前に火葬する形式は「前火葬」「骨葬(こつそう)」と呼ばれ、お葬式でご遺骨を祭壇に置いて供養します。
前火葬・骨葬は東北地方などでよくみられますが、これには地域の特性が関係しているといわれています。交通が発達していなかった昔、雪深い地方では人が亡くなっても親族たちはすぐに駆けつけられませんでした。人を待っているとご遺体の腐敗が進んでしまうため先に火葬し、お骨にしてお葬式をあげたそうです。その風習が残り、一部地域では今でも前火葬を行っています。

死後24時間以内は火葬できない

日本には「墓地、埋葬等に関する法律」があり、“死後(または死産)から24時間を経過しないと火葬できない”ことになっています。これは、“万が一、蘇生するかもしれない”という可能性をゼロにするためです。 医療技術が発達していなかった昔は、ごくまれではありましたが蘇生するケースがあったそう。そのため、ご遺体に紫斑がでて確実に死亡が確認できる24時間を待って火葬をしていました。
医療が進化した現代では死亡した方が蘇生することはありえませんが、法律によって24時間は火葬できません。ただし、指定感染症で亡くなられた方や妊娠7ヶ月に満たない死産のケースでは、この24時間ルールは当てはまりません。

火葬場には公営と民営があり、火葬料にも違いがあります。

ご遺体を火葬する火葬場は各地にあり、そのタイプは大きく公営と民営にわかれます。

公営の火葬場の特徴と火葬料について

公営の火葬場は自治体が主体となって運営し、各市町村に設備されています。火葬場のある自治体に住民票があれば誰でも利用でき、火葬料も比較的に安価。そのため人気が高く、希望の日時に予約がとれなかったり、順番待ちになってしまったりすることもあるようです。

●火葬料金(例):0円〜60,000円程度
待合室や霊安室を利用すると別途料金が必要な場合もあります。

民営の火葬場の特徴と火葬料について

民営の火葬場は葬儀社など民間の企業が運営しているため、住民票のない方でも利用できます。公営に比べて火葬料金はやや割高になりますが、設備や環境面で充実しているところも多く、火葬の待ち時間も快適に過ごせるそう。また、公営に比べて予約が取りやすいのもメリット。夜間対応してくれるなど、火葬できる時間帯の幅も広いようです。

●火葬料金(例):50,0000円〜100,000円程度
待合室や霊安室を利用すると別途料金が必要。さらに、多くの民営火葬場はランクを設けており、高級なプランを選択すると料金は上がります。

火葬場の予約は誰がするの?

火葬場の予約など火葬に関する手続きは、葬儀社が行うのが通常。基本的に葬儀社の提供する葬儀サービスに火葬も含まれているので、日程などを相談しつつ手続きはまかせます。ご家族からの希望があるなら、遠慮せず担当者にお伝えください。火葬についての疑問や質問があるときも、その都度、確認するといいでしょう。

火葬の流れ。あらかじめ知っておくと安心です。

火葬場ではご遺体を火葬するだけではありません。「納めの式」や「拾骨」など火葬以外のことも行なわれます。

火葬場はご遺体との最後のお別れとなる大切な場所なので、そこでのふるまいがわからないと落ち着かないし、しっかりお別れもできません。よくみられる火葬の流れをご紹介しますので、あらかじめ把握しておくことをおすすめします。

(1)出棺

葬儀・告別式を終え、葬儀場から火葬場までご遺体を搬送するために出棺。ご家族や葬儀社の担当者など6人〜8人でお棺を担ぎ、霊柩車や寝台車に乗せます。このとき、故人が家に帰って来ないようにとご遺体の足がある向きから入れる地域もあります。
また、出棺時には喪主が位牌を、喪主の次に故人と縁の深いご家族が遺影を手にします。葬儀場に同行しない方はここで故人とのお別れになるので喪主から参列者へあいさつし、参列へのお礼なども伝えます。

(2)火葬場への搬送

ご遺体を火葬場へ搬送。火葬場へ同行する方もいっしょに移動します。移動手段は車で、先頭を走る霊柩車・寝台車には葬儀社の担当者と位牌を手にした喪主も同乗するケースが多いようです。そのほかの親族は、後続のハイヤーやタクシーにわかれて乗ります。
また、火葬場へ向かう道の選択にも風習があり、故人が戻って来られないようにと行きと帰りでルートを変える地域もあるようです。

(3)火葬許可証の提出

火葬するためには、自治体が発行した「火葬許可証」が必要。こちらは市町村役場で入手できます。「死亡届」を提出するとき、「火葬許可申請書」にも記入して申請しましょう。その場で発行してもらえるので受け取り、なくさずに保管して火葬場へ持参してください。火葬場へ到着したら、まず係員に火葬許可証を渡します。
これらはほとんどの葬儀社で代行してもらえます。

(4)納めの式

ご遺体を火葬する前に、火葬炉の前で「納めの式」という故人とご家族が最後のお別れをする儀式を営みます。 火葬炉の前にお棺を置き、設置した祭壇(机)に持参した位牌と遺影を飾ります。準備が整ったら納めの式がはじまり、僧侶による読経や焼香が行なわれます。その後、喪主やご家族など参列者が順番に焼香。お棺の窓から故人と最後のお別れをし、全員で合掌してお棺が火葬炉に運ばれるのを見送ります。
地域によっては火葬場で拝顔できない場合がありますので葬儀社の方に確認しておくとよいでしょう。

(5)火葬

お棺が火葬炉のなかへ納まると火を入れ、ご遺体を火葬します。火葬の時間は1時間〜2時間半程度かかるのが一般的。ご家族など参列者は控室に移動して待機します。 控室で待っている間は、参列者に持参したお茶やお茶菓子をふるまいます。とくに火葬場までご同行いただいた僧侶は手厚くもてなしてください。
とはいえ、飲食類を持ち込めない火葬場もあります。葬儀社へ事前確認しておくといいでしょう。また、地域によっては、一旦、葬儀場に戻って精進上げをしてから収骨のために火葬場へ戻るという風習もあるようです。

(6)骨上げ

火葬が終わるとアナウンスがあるので、全員で拾骨室に移動。故人のお骨を確認し、ご遺骨を骨壺に移します。 このとき行なわれるのが、「骨上げ」という儀式。故人が三途の川をきちんと渡れるように箸渡し(橋渡し)をするという意味があり、2人一組で長い箸を使ってひとつのお骨を拾い上げ、骨壺へと納めます。(箸渡しをしない地域や宗派もあります)
骨上げする遺骨の順番は足→腰→胸→背→腕→のど仏→頭とつづくのが一般的で、骨壺の中で立っている姿で納めます。尚、故人ともっとも縁の深かった人が“のど仏”を骨壺に納め、頭骨で蓋をして終了します。
また、ご遺骨は、すべてのお骨を納める全拾骨と、一部のお骨のみ納める部分拾骨があり、どちらを選択するのかは地域によって異なります。一般的には東日本は全拾骨、西日本は部分拾骨だといわれています。

(7)埋葬許可証を受け取り

火葬が終了すると、火葬場に提出していた「火葬許可証」に“火葬済”の印が押されて返却されます。この書類が「埋葬許可証」になります。埋葬許可証がないとお墓への納骨ができないので、火葬場で必ず受け取ってください。
また、ご遺骨を2ヶ所以上で納骨する分骨には分骨用の証明書が必要です。希望する方は、葬儀社へ事前にご相談ください。

骨壺は喪主が自宅に持ち帰ります

ご遺骨を納めた骨壺は喪主が自宅へ持ち帰り、納骨まで後飾り祭壇に飾ります。骨壺はずっしりとした重さがあり、陶器製のものも多いので落としたら割れてしまいます。両手でしっかり抱えてもち、移動する車のなかでも座席に置かないでください。喪主が高齢で持ち運びに不安があるようなら、ほかの人に手伝ってもらってもいいでしょう。また、火葬場に来るときに喪主が手にしていた位牌は、ほかのご家族がもちます。

火葬場にもっていくもの

ご家族が火葬場にもっていくものも確認しておきましょう。

□火葬許可証(葬儀社の担当者が持っていくことが多いようです)
□位牌
□遺影
□骨壺・骨箱(葬儀社が用意してくれる場合もあります)
□お茶やお茶菓子など(持ち込みできない場合もあります)
□数珠やハンカチなど

火葬について気をつけたいマナーとは。

最後に、火葬で気をつけたいマナーについてもご紹介しておきます。

勝手に同行しない

火葬場に同行する人数は限られており、喪主をはじめとした近親者のみの場合がほとんど。いくら生前の故人と親しくても、基本的に親族以外の人は火葬に立ち会いません。
ただし、故人の友人・知人の立場でも、喪主から「最後までいっしょにいてほしい」とお願いされた場合は遠慮せずに同行しましょう。依頼されていない方が勝手についていくのはタブーです。

火葬場へ向かう車にもマナーがあります

霊柩車・寝台車に乗らない親族は、ハイヤーやタクシー、マイクロバスなどに分乗して火葬場へ向かいます。分乗といっても誰がどの車に乗ってもいいわけではなく、故人との関係性によって乗る順番が決まります。
まず、先頭を走る霊柩車・寝台車には位牌をもった喪主や葬儀社の担当者が乗車。それにつづくハイヤー・タクシーの第1号車には、僧侶や遺影を手にしたご家族が乗ります。霊柩車に喪主が乗らなかった場合は、第1号車に同乗します。第2号車からは故人と血縁の深い順に乗っていき、友人や知人が同行する場合は最後に乗車します。

火葬場での撮影は禁止!

火葬場は神聖な場所。また、ほかのご家族も利用しており、みなさん悲しみに包まれています。現代はスマートフォンで気軽に記念撮影できるため、故人との最後のお別れを写真に残しておきたいという気持ちをもってしまうかもしれません。しかし、火葬場での写真撮影はマナー違反、絶対に止めましょう。ほとんどの火葬場で写真撮影は禁止されていますのでルールに従ってください。

控室で騒がない!

ご遺体を火葬している1時間〜2時間、参列者は控室で待っています。控室ではお茶を飲んだりお菓子を食べたりしながら、おしゃべりすればいいのですが、騒いではいけません。大きな声で話したり、外に響くような笑い声を立てたりするのはマナー違反。しかしながら、無言で待っていると大切な人を失った悲しみが深まります。控室では、故人の思い出や生前のエピソードなどをゆったり語り合いながら、心落ち着けて過ごすといいでしょう。

一覧へ戻る