お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

今年は故人の何回忌? 年忌法要の意味と計算。

お葬式が終わっても、故人の供養は終わりません。1周忌や3回忌など節目の年には法要を営み、そのあとには親族で会食を行ったりします。核家族化の影響などで親戚づきあいが減っている昨今、法要や法事は宗教行事としてだけではなく、“親族が集まる大切な機会”になっているようにも感じます。今回は改めて、年忌法要について考えてみましょう。

そもそも何のために法要を行うの?

日々の暮らしのなかで、折にふれて故人に思いを馳せることがあると思います。自宅の仏壇にお線香をあげたり、月命日やお彼岸にお墓参りをしたり。そのように、故人を偲び冥福を祈ることを仏教では「追善供養」といい、なかでも僧侶による読経を行うことを「法要」と呼びます。仏教において法要を行う日は決まっており、「中陰法要」や「年忌法要」、そしてどちらにも属さない「百箇日法要」があります。

中陰法要とは?

「中陰法要」は、故人が亡くなってから四十九日までの間で7日ごとに行われる法要のこと。人は亡くなって四十九日までは魂の行き先が決まっておらず、地上界と天上界をさまよっているとされています。その間、故人は閻魔大王などの十王から7日ごと7回の裁判を受けます。そして、最後となる7回目の裁判・七七日(なななぬか)、つまり四十九日に故人の魂がどこへ行くのかが決定するため、故人によい裁きが下るよう残された者たちは丁寧に法要を営んで善を送る(追善する)のです。この四十九日の法要は「満中陰法要(まんちゅういんほうよう)」とも呼ばれ、これが終わると忌明けします。

百箇日法要とは?

亡くなってから100日目に行われる「百箇日法要」は、四十九日の審判で故人が極楽浄土へ行けなくても、残された親族が供養することで救済を受けられるというもの。「卒哭忌(そつこくき)」とも呼ばれており、言葉のとおり悲しみを卒業するための法要という意味もあります。

年忌法要とは?

故人が亡くなって1年が過ぎると、節目の命日に「年忌法要」が行われます。これは、極楽浄土に行った故人をさらなる精進の道へと導くために営むもので、1年、3年、7年など節目の年に法要を行い、通常は三十三回忌または五十回忌で「弔い上げ(とむらいあげ)」となる場合が多いようです。


年忌法要は、いつ、どこで、はじまった?

法要をするようになったのは仏教がインドから中国に伝わったのちのこと、5~6世紀ごろだといわれています。当初は、初七日から三回忌までの間に10回の法要が行われていたそう。

古代日本での年忌は一周忌までだったようですが、鎌倉時代に入るころには三回忌まで行われていたのだとか。さらに室町時代には七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わり、13回の法要が行われるようになりました。また、それぞれの法要には守護仏として十三仏が配されています。

十三仏

初七日:不動明王(ふどうみょうおう)
二七日:釈迦如来(しゃかにょらい)
三七日:文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
四七日:普賢菩薩(ふげんぼさつ)
五七日:地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
六七日:弥勒菩薩(みろくぼさつ)
七七日:薬師如来(やくしにょらい)
百箇日:観音菩薩(かんのんぼさつ)
一周忌:勢至菩薩(せいしぼさつ)
三回忌:阿弥陀如来(あみだにょらい)
七回忌:阿閃如来(あしゅくにょらい)
十三回忌:大日如来(だいにちにょらい)
三十三回忌:虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

やがて法要の回数も十七回忌、二十三回忌、二十七回忌などと小刻みになり、三十三回忌以降も三十七回忌、四十三回忌などと増えていきました。そして、五十回忌を超えると五十年ごとに百回忌、百五十回忌、二百回忌とつづきます。

ただし、すべての年忌法要を必ず行わないといけないわけではありません。宗派や地域、寺院によっても、“どの年忌法要を行うか”や“弔い上げをいつにするか”は異なります。なかには、弔い上げをせずに五十回忌以降も50年ごとにずっと法要をつづけているところもあるようです。


「周忌」と「回忌」は違う⁉ 年忌の数え方。

故人が亡くなった1年後の命日は「一周忌」ですが、2年後の命日では「3回忌」といいます。これは、「周忌」が没後何年経つかを意味するのに対して「回忌」は何回目の忌日かを意味するから。

忌日は故人が亡くなった日、つまり命日のことをさすため、回忌では没後年数に亡くなった年も加えて計算します。少しややこしいですが、没後2年目は三回忌、6年目は七回忌となります。

■代表的な年忌法要

年忌
没後年数
令和二年が年忌にあたる人(没年)
一周忌
1年
平成31年/令和元年(2019年)
三回忌
2年
平成30年(2018年)
七回忌
6年
平成26年(2014年)
十三回忌
12年
平成20年(2008年)
十七回忌
16年
平成16年(2004年)
二十三回忌
22年
平成10年(1998年)
二十七回忌
26年
平成6年(1994年)
三十三回忌
32年
昭和63年(1988年)
五十回忌
49年
昭和46年(1972年)

年忌法要は毎回やるべき? 行う日も決まっているの?

時代とともに年忌法要の回数は増えていきましたが、近年はこれら行事を簡略化する傾向にあります。一般的には三回忌までは関係者も招いて盛大に行われることが多く、七回忌も葬儀場などに親族が集って法要が営まれているようです。

それ以降になると、ご家族だけで小規模に自宅で行うケースが増えています。いずれにしても、いつどのように法要を営むのかは宗派や地域、寺院によってもしきたりが異なります。気になる場合は、菩提寺や地元の葬儀社に確認するといいでしょう。

また、年忌法要は「故人の命日」に執り行うのが理想ですが、仕事や学校などの都合で集えないことも多々あります。命日がむずかしい場合は先延ばしにせず、前倒しで行うのがよいとされています。


一般的な年忌法要をご紹介。

年忌法要は「年忌」ですから、本来は毎年の命日に営むものです。しかし、忙しく暮らすなかで毎年に法要を行うのは困難。そのため、仏教において大切な数字「3」と「7」を含んだ年忌に法要を行うようになったともいわれています。

これら年忌法要には諸説あり、宗派や地域によっても異なる説があります。こちらでは、一般的な年忌法要についてご紹介しましょう。

一周忌

故人が亡くなって1年後に行われる一周忌は「小祥忌(しょうじょうき)」とも呼ばれ、故人が仏になって1年が経ったことを喜ぶという意味もあります。一般的にはこの日までが「喪中」で、一周忌を終えると「喪が明ける」ことになります。
一周忌の法要はご家族や親戚のほか、友人・知人など故人と縁のあった方を広く招いて営むのが主流のようです。

三回忌

故人が亡くなった2年後で「大祥忌(だいじょうき)」とも呼ばれ、一周忌の「小祥忌」よりもさらに喜ばしいという意味が込められています。 法要は、一周忌と同様に大勢を招いて行われるケースが多いようです。

七回忌

故人が亡くなった6年後で、「休広忌(きゅうこうき)」とも呼ばれます。故人の霊魂が落ち着き、徳が広まったことを意味します。 法要はご家族など身内だけで行うことが多く、会食の席を設けないケースもあるようです。なお、七回忌以降の年忌は、日本ではじめられたものだそう。

十三回忌

故人が亡くなった12年後で、「称名忌(しょうみょうき)」とも呼ばれます。“称名”は仏の名前を唱える念仏のことで、故人が念仏を唱えられる存在になったことを意味します。
こちらは、12年経って干支がひと回りした節目の法要です。

十七回忌

故人が亡くなった16年後で、「慈明忌(じみょうき)」とも呼ばれます。故人の仏としての慈悲が明らかになったことを意味します。

二十三回忌

故人が亡くなった22年後で、「思実忌(しじつき)」とも呼ばれます。真実に思いを巡らすという意味や、仏の修行が実るという意味が込められています。

二十五回忌

故人が亡くなった24年後、干支が二巡したときの法要で、「永光忌(えいこうき)」「大士忌(だいしき)」とも呼ばれ、仏として永遠に光輝くことを意味します。 この二十五回忌法要を行った場合、二十三回忌と二十七回忌の法要を省略することもあります。また、二十三回忌・二十五回忌・二十七回忌を併せた法要を営んだり、あるいは3つの法要のすべてを省略したりするケースもあるようです。

二十七回忌

故人が亡くなった26年後で、「忍光忌(にんこうき)」とも呼ばれます。仏の光を偲ぶという意味が込められています。

三十三回忌

故人が亡くなって32年後で、別称を「清浄忌(しょうじょうき)」「清浄本然忌(しょうじょうほんねんき)」といい、清らかな自然の姿にもどるという意味があります。「仏」から「先祖」という存在になるイメージです。

五十回忌

故人が亡くなって49年後で、別称は「阿円忌(あえんき)」「道光忌(どうこうき)」といわれます。五十回忌ともなると、しめやかな“法要”というよりも賑やかな“慶事”として法事を行うこともあるようです。

遠忌(おんき)

五十回忌以降の法要を「遠忌(おんき)」といい、百回忌、百五十回忌、二百回忌と50年ごとに行われます。

弔い上げ(とむらいあげ)

年忌法要を終えることを「弔い上げ」といいます。弔い上げをいつにするか決まっているわけではありませんが、おおむね七回忌までは法要を行い、十三回忌以降に弔い上げをするのが一般的。多くは三十三回忌か五十回忌で弔い上げとするようですが、なかには弔い上げを行わず五十回忌以降もずっと遠忌をつづけるご家族もいらっしゃいます。


神道やキリスト教に年忌法要はあるの?

年忌法要は仏教の儀式ですが、神道やキリスト教にもこれにあたる追悼行事があります。

キリスト教:カトリック

カトリックでは法要のことを「追悼ミサ」といいます。故人が亡くなってから3日目、7日目、30日目に追悼ミサが行われ、1年後には「死者記念ミサ」を盛大に執り行います。そののちは10年目、20年目に行われる場合があるようです。

キリスト教:プロテスタント

プロテスタントでは法要のことを「礼拝」といい、故人が亡くなってから7日目、10日目、30日目、さらに1年後、3年後、5年後、7年後に「記念集会」の礼拝を行います。

神道

神道での法要は「霊祭(みたままつり)」と呼ばれます。故人が亡くなってからの日数で、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭、百日祭が行われ、1年後以降は一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭とつづきます。


故人に思いを馳せ、「今」を大切に。

人は亡くなったあと、どうなるのでしょうか。「死」に対する考え方は宗教や宗派で異なり、「法要」「ミサ」「礼拝」「霊祭」など故人の冥福を祈る行事も一様ではありません。

けれども、逝去後も故人を思う気持ちはどの宗教や宗派でも同じです。「去る者は日々に疎し」というように、歳月とともに故人の思い出も薄れていくかもしれませんが、だからこそ年忌の法要・法事では、故人を偲びつつ親類縁者とのつながりを感じる豊かな時間を過ごしたいものです。

また、法要は宗教行事のため、風習やしきたりがわからずにとまどったり、準備の方法で悩んでしまったりする場合もあります。法要はお葬式同様に葬儀社へ運営を任すことができます。菩提寺への連絡とともに、葬儀社への相談をおすすめします。


一覧へ戻る