お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

自宅に設置する「後飾り」ってなに?

お葬式を終えて火葬されたご遺骨をどこに安置するのか?ご存知でしょうか。答えは「後飾りの祭壇」です。ご自宅に置かれている仏壇と違い、後飾りはなじみがないため、身内のお葬式を執り行うときにはじめて知った方も多いようです。
今回のコラムでは後飾りをピックアップし、意味などの基礎情報から宗教別の違い、設置期間や処分方法まで詳しく解説。お葬式後も正しく供養できるよう、ご一読ください。

後飾りとは、位牌やご遺骨をご自宅で安置する祭壇。

「後飾り(あとかざり)」は、お葬式後にご自宅にしつらえる祭壇のこと。白木位牌やご遺骨を安置します。後飾りのほかに、「後飾り祭壇」や「自宅飾り」、「後壇(あとだん)」、「中陰壇(ちゅういんだん)」などとも呼ばれ、関西地方では中陰壇ということが多いようです。

わざわざ後飾りの祭壇を設置せず、仏壇にご遺骨を飾ればいいのでは?と考える方がいらっしゃるかもしれません。しかし、たとえお骨になったとしても、仏教では亡くなった日から四十九日まで故人の魂はこの世と来世の中間をさまよっていると考えられ、死亡してから次の生を受けるその期間を「中陰(ちゅういん)」もしくは「中有(ちゅうう)」と呼びます。なので、四十九日まではお墓や仏壇に納めるのではなく、仮の祭壇である後飾りに安置するのです。

後飾りの祭壇は、初七日をはじめとした四十九日まで7日ごとに行われる追善法要に使用し、お葬式に参列できなかった方がご自宅へ弔問されたときにお参りいただく場所にもなります。近年は家族葬など小規模で行うお葬式が主流になっているため、ご自宅への弔問客も増えています。手をあわせて故人の冥福をお祈りできる後飾りの祭壇は、重要な役割を果たすのです。

宗教別、後飾りに必要なものと配置方法。

後飾りは、宗教によってしきたりが異なります。とはいえ、厳格な決まりごとはないので各家庭で調整が可能。葬儀社など設置する業者と相談して用意すればいいでしょう。< br> こちらでは、宗教別にオーソドックスな飾り方をご紹介します。

仏式(浄土真宗以外)

仏式の後飾りは、2〜3段の棚に遺骨や遺影、仏具などを飾るパターンが一般的です。

●必要なもの
・白木でできた2〜3段の棚(白木でなければ白い布で覆えばOK)
・遺骨
・遺影
・遺影を飾るための写真立て
・白木位牌(仮位牌)
・香炉
・線香立て
・ロウソク立て
・花立て
・鈴(りん)と鈴棒
・茶器や仏飯器 など

●飾り方(三段の場合)
上段:(左から)遺影・遺骨
中断:(中央に)白木位牌
下段:線香立て・ロウソク立て・香炉・花立て・鈴・茶器・仏飯器 など

●飾り方(二段の場合)
上段:(左から)遺影・白木位牌・遺骨
下段:線香立て・ロウソク立て・香炉・花立て・鈴・茶器・仏飯器 など

神式

神道では後飾りにあたるものを「仮霊舎(かりみたまや)」と呼び、片方に4本ずつ足がついた八足の祭壇を使用。段数は仏式と同じように3段が多く、そこに遺骨や遺影、神具などを飾ります。

●必要なもの
・白木でできた八足の棚(白木でなければ白い布で覆えばOK)
・遺骨
・遺影
・遺影を飾るための写真立て
・霊璽(れいじ:神式の位牌のようなもの)
・榊立て
・火立(ほだち:ロウソク立て)
・三方(さんぽう:神さまに捧げる食べ物などを置くもの)
・徳利×2つ
・水玉(水をいれるもの)
・洗米用と塩用の皿×2枚
・玉串 など

●飾り方(三段の場合)
上段:(左から)遺影・遺骨
中断:霊璽・榊立
下段:火立・三方(三方の上にはお神酒を入れた徳利2つ、水をいれた水玉、洗米と塩を盛った皿2枚を置く)・玉串 など

キリスト教式

キリスト教には仏教のように追善供養する考えがないため、後飾りをする文化も基本的にありません。しかし、仏式の後飾りが供養として浸透している日本では、キリスト教式でも遺骨などを安置する小さな祭壇を自宅に設けるご家庭が多いようです。
また、キリスト教式の後飾りに明確なルールはありません。以下を参考にしつつ、ご自身で飾りつければいいでしょう。

●必要なもの
・小さなテーブルなど、台となるもの
・白い布
・遺骨
・遺影
・遺影を飾るための写真立て
・十字架
・聖書
・花立て
・ロウソク立て
・パンをのせる皿 など

●飾り方
台の上に白い布をかけ、上段中央に十字架を設置。その下に、左から遺影・遺骨を飾るのが一般的です。手前には聖書やパン、ロウソク立て、花立てなどを置きましょう。

仏式でも浄土真宗は異なる飾り方をする

仏教の宗派のなかでも浄土真宗の後飾り(中陰壇)は、ほかの仏式と異なるところが多いので注意が必要です。
他の宗派の後飾りは2〜3段の棚を用意しますが、浄土真宗では1段の小さな台のみ。素材には白木や銀色の紙でコーティングしたダンボールが使われ、それらでなければ白い布で覆いましょう。台は仏壇の斜め前か横に置き、上には遺骨と遺影、法名を記入した仮の位牌を飾ります。
また、浄土真宗は亡くなるとすぐに仏さまになり、浄土へ行くと考えられているので追善供養をしません。読経は本尊に向かってするため、花や線香などは仏壇にのみ供え、後飾りには必要ありません。

後飾りを設置する場所は?

仏壇があるご家庭であれば、その前か、横に置くといいでしょう。仏壇がない場合は部屋の北側か西側に設置するのがよいとされていますが、スペースがないようならほかの向きでもかまいません。ただし、直射日光があたったり、湿気がたまりやすかったりする場所はご遺骨の状態を損なう恐れがあります。避けたほうが無難です。
後飾りは一ヶ月以上ご自宅に飾るもの。生活の邪魔にならず、ご家族や弔問客がお参りしやすい場所を選んで設置するといいでしょう。

後飾りは誰が、どうやって準備するの?

ほとんどの人は後飾りになじみがありません。設置はもちろん、必要なものをそろえるのもむずかしいでしょう。悩ましい後飾りの準備は、誰がすればいいのでしょう?

葬儀社が担当する

近年のお葬式は、必要なものやサービスを組み合わせた葬儀社のプランを選んで行うケースが多くなっています。後飾りがセットされているプランも多く、その場合はお葬式を担当した葬儀社が後飾りの祭壇まで準備してくれます。葬儀社は弔事のプロなので、宗教・宗派を伝えれば必要なものを一式そろえ、ご自宅の適切な場所へ設置してくれるでしょう。
プランのなかに組み込まれていなくても、ほとんどの葬儀社はオプションで販売しています。また、後飾りの祭壇は忌明けすると不要になるため、レンタルで対応している葬儀社もあるようです。
後飾りの祭壇は厳密な決まりごとがないため、棚の段数や素材、デザインなど各葬儀社が準備するものに違いがみられます。プランに組み込まれている場合はどのようなタイプかを確認し、 “プランの祭壇より豪華にしたい”などご家族の希望がある場合は担当者に相談するといいでしょう。

ご自身で用意する

後飾りは、ご自身で準備するのも可能です。ご家庭の宗教・宗派にあった飾り方を調べ、ご自宅にあるものを活用しつつ足りないものだけ購入すれば節約につながります。
また、最近はインターネットで後飾りに必要なものをそろえたセットが販売されているようです。手軽に入手できるので、活用してみてもいいのではないでしょうか。

後飾りへのお供えは、なにがいいの?

後飾りへの供物は、宗教によって違いがあります。仏式の場合は、「五供(ごく・ごくう)」といわれる、香・花・灯明(とうみょう)・水・飲食(おんじき)を供えるのが基本とされています。

香は「線香」のこと。仏教では、人は亡くなってから四十九日まで“よい香りを食べる”と考えられています。昔は四十九日までは線香を絶やさないようにしていましたが、現代でそれを実行するのは困難。朝晩などのお参りで線香をたくといいでしょう。
また、線香はロウソクの火からつけ、手で仰ぐなどして火を消すのが礼儀。息を吹きかけて消すのは禁じられているのでご注意ください。

お供えする花は「供花」といいます。いつか枯れてしまう花は人の世の無常を表しているとされるため、生花を供えるのが基本。ただし、トゲや毒があったり、強い匂いがしたりするものは避けましょう。
白や黄色の菊などがお供えに適しているといわれますが、そのほかの種類でも問題ありません。故人が好きだった花を供えるのもOK。ただし、枯れた花を供えるのはよくないので、頃合いをみて新しいものと取り替えてください。

灯明

線香や花とともに、灯明としてロウソクを灯す行為はお参りに欠かせません。以前は、あの世へ無事に行けることを願って四十九日の間はロウソクの火を絶やさないようにしていましたが、現代の生活で実行するのは無理があります。線香と同様に朝晩などの礼拝で灯すといいでしょう。お祈りが終われば消してかまいません。このとき、ロウソクの火を息で消すのは無作法。手で仰ぐか、ローソク消しを使って消火してください。

仏教において水は浄水。穢れなき浄土を表し、水のお供えは故人の乾きをうるおすためではなく、お参りする人など生きている人の心身を清める意味があるそうです。
とはいえ、お供えの水には厳格なルールはありません。水の種類も水道水で問題なく、お茶を供えてもOK。器は茶湯器という水をお供えするための仏具を使用するのが一般的ですが、故人が愛用していた湯のみやグラスに入れてもいいでしょう。
大切なのは、きれいな水であること。頻繁に入れ直すことを心がけ、最低でも一日に一回は新しい水と取り替えてください。

飲食

故人もご家族と同じものを召し上がります。ご家族が食べるものをお供えすることで、故人とのつながりを確認できるのです。 お供えする仏飯(ぶっぱん)の基本はごはん。お米を炊いたら、湯気がでている炊きたてのごはんをまずは故人に供えます。器は、仏具の「仏飯器」に盛りつけてお供えするのが一般的です。そのほか、故人の好きだった料理や菓子、季節のくだものなどをお供えしてもいいでしょう。
ごはんや料理など傷みやすいお供えは、すぐに下げてもかまいません。腐らせてしまうほうが問題なので、長時間放置するのは避けましょう。また、下げるときは故人に手をあわせることも忘れずに。下げた食べものはご家族で召し上がってください。

こちらでは仏式のお供えを紹介しましたが、仏教でも浄土真宗は異なるしきたりをもっています。また、神式やキリスト教式もそれぞれに違いがあります。
お供えは故人への気持ちを表すもの。時代とともにある程度の自由は許される傾向にありますが、宗教・宗派には受け継がれてきた教えが存在します。ご家庭の宗教・宗派にしたがったお供えをおすすめします。

後飾りはいつまで飾る?設置期間と処分方法。

後飾りは、仮の祭壇。いつまでも飾っておくものではありません。基本的には忌明けに片づけますが、タイミングは宗教によって異なります。

宗教別、後飾りの設置期間

後飾りは、ご自宅でご遺骨や白木位牌を安置する祭壇。ご遺体が火葬され、遺骨になってご自宅に帰ってくるまでには完成させておきます。設置のタイミングは、葬儀社と相談して決めればいいでしょう。 また、片づける時期は宗教によって異なります。

●仏式:四十九日法要が終わり、忌明けしたタイミングで片づけるのが一般的。それまでに、仏壇と本位牌も用意しておきましょう。ただし、仏壇の準備が間に合わないなどの理由で四十九日以降も後飾りを使用する場合もあります。

●神式:神道では亡くなってから10日ごとに「霊祭(れいさい・みたままつり)」が行われ、50日目の「五十日祭」を終えると忌明けします。多くは、このタイミングで後飾りを撤去します。

●キリスト教式:キリスト教では忌明けの概念がなく、後飾りを設置する期間も決まっていません。一般的には納骨のタイミングで片づけるそう。また、カトリックは亡くなって7日後の「追悼ミサ」まで、プロテスタントは一ヶ月後の「召天記念日」までというケースも多いようです。

後飾りの処分方法

後飾りはご自身で処分します。住んでいる地域の自治体が設定している分別ルールに従い、一般ゴミとしてだして問題ありません。塩をふるなどのお清めも不要です。鈴やロウソク立てなどは仏壇で使用してもいいでしょう。
とはいえ、大切な故人を祀っていた祭壇をゴミとして処分するのは心苦しいと感じる方もいらっしゃいます。そんなときは、葬儀社に相談してみるのもひとつの手段。葬儀社によっては引き取ってくれたり、適切なアドバイスをもらえたりします。
また、必ず処分しなくてはならない決まりはないで、“捨てない”という選択肢もあります。ご自宅で保管しておき、一周忌などの法要で活用してもいいのです。
注意してほしいのが、白木位牌。故人の魂が宿っていたものなのでゴミとして処分せず、菩提寺などの寺院でお焚き上げしてもらいましょう。

一覧へ戻る