お葬式コラム

登録日:

更新日:

コラム

お葬式の服装。喪主・親族は何を着るべき?

お葬式でもっとも大切な役割を任される「喪主」。故人を見送る責任者であり、故人に代わって参列者を迎える立場でもあります。服装にも、ふさわしい品格が求められるもの。お葬式で喪主が着るべき喪服のマナーは、いざというときのためにぜひ知っておきたいものです。

そもそも「喪服」とは?

喪服は本来“喪に服する”近親者のための服装ですが、故人を悼む気持ちを表現するものとして、一般の参列者でもお葬式に喪服を着るケースが多いようです。ただし、喪主や遺族と一般の参列者とでは喪服のマナーが異なります。

喪服には「正式礼装(正喪服)」「準礼装(準喪服)」「略礼装(略喪服)」という「格」があり、ご家族は参列者より格が上の正式礼装が基本とされています。なお、正式礼装にも和装と洋装があり、以前は「喪主は和装」という認識が一般的でしたが、両者に格の違いはなく、現代では洋装を選ぶ方が増えています。

喪服の色といえば「黒」をイメージし、衣装はもちろん靴もバッグも黒で統一するのがマナーとされています。ところが、昔の日本では喪服は「白」でした。仏教において、白は穢れのない清浄な色。神道でも神聖さを象徴する色とされています。そのため、お葬式で喪主は白い喪服を着用していました。喪服が黒いのは西洋の文化で、開国とともに日本に入ってきたものなのです。日本人が黒い喪服を着るようになったのは明治時代の中頃からで、広く一般の人が黒い喪服を着るようになったのは戦後のことだといわれています。黒い喪服、日本では意外と新しい習慣なのです。



喪主・親族は「正式礼装」が基本。

喪主や三親等以内の親族の喪服は、葬儀・告別式では正式礼装が基本。通夜式では略礼装でもかまわないとされていますが、通夜式に喪服で訪れる弔問客が多いことから正式礼装の喪主も多いようです。また、家族葬など小規模なお葬式が増えてきた近年は衣装の格にこだわらず、喪主や親族でも準礼装や略礼装を身につけるようになってきました。

では、喪主や親族が着用する「正式礼装」「準礼装」とはどのような服装なのか、具体的に見ていきましょう。

男性の正式礼装(正喪服)

●和装の場合:着物は黒無地で冬は羽二重、夏は平絽のもの。羽織は五つ紋付きで、袴は仙台平か博多平。足袋や草履は鼻緒が白または黒のものをはき、扇子は持ちません。
●洋装の場合:モーニングが正式礼装。ネクタイは黒無地でネクタイピンはつけません。ポケットチーフも控えましょう。なお、モーニングは昼間の服装なので、夕刻からの通夜式には準礼装のブラックスーツを着用します。

男性の準礼装(準喪服)

ブラックスーツが基本で、ダブルでもシングルでもよいとされています。近年は喪主でも葬儀・告別式にブラックスーツを着用するケースが増えています。なお、同じブラックスーツでもビジネス用はお葬式にはふさわしくありません。

女性の正式礼装(正喪服)

●和装の場合:黒無地の着物で冬は羽二重か一越ちりめん、夏は駒絽や平絽のもの。羽織は五つ紋付きで、紋は実家の女紋か婚家の紋を使用します。帯留めはつけず、草履・バッグは黒の布製のものを使用します。
●洋装の場合:黒無地のアフタヌーンドレス、ワンピース、スーツ、アンサンブルなど。生地には光沢がなく肌が透けないものを選び、長袖が基本です。夏でも袖が長めのものを着用しましょう。スカートは正座したときに膝頭が隠れる長めの丈を選んでください。

子どもの服装

学校の制服が正式礼装になります。制服がない場合は、黒・濃いグレー・濃紺などで、柄のない地味な服装とします。

ところで、貸衣装での家紋はどうしたらいい?

男性でも女性でも正式礼装の着物には家紋がつきます。最近は喪服をもっていない方が多く、貸衣装で手配するケースがほとんど。その場合、家紋はどうなるのでしょうか?
レンタルした着物には、誰でも使える「通紋」が入っているため、紋柄を気にせず安心して着用できます。また、貸衣装店によってはご家族の紋をシールで貼り付けて対応するところもあります。喪服をレンタルするときは、お店に確認してみるといいでしょう。


靴、バッグ、アクセサリーの正式マナー。

お葬式の装いでは、靴やバッグやアクセサリー類にもルールがあります。喪服と同じ「黒」が基本。慶事を連想させる光り物の装飾や殺生を連想させる革の小物などは避けるのがマナーです。

アクセサリー

お葬式では結婚指輪以外のアクセサリーはつけないのが基本です。時計や眼鏡、ベルトのバックルなども金色の派手なものは避けたほうがいいでしょう。
西洋では「洋服にアクセサリーは必須」という考え方があるため、お葬式でもアクセサリーをつけるようですが、日本ではつけないのが正式。特に金具が見えるピアスやイヤリングなどは控えたほうが無難です。真珠やオニキスは許されることもありますが、その場合、ネックレスは一連のもの、イヤリングをつける場合は1粒タイプのものを選びましょう。二連のネックレスは「不幸が重なる」ため避けてください。

バッグ

黒い布製で金具が目立たないハンドバッグが正式とされています。革製品は殺生につながるため本来は避けるべきですが、プレーンで光沢のないものは一般的に使用されています。ただし、爬虫類の型押しなど柄のあるものはNG。また、エナメルなどの光るものや華美なデザインのもの、ショルダーバッグも避けましょう。荷物が多い場合はサブバッグの利用がおすすめです。最近はお葬式用のサブバッグもいろいろな種類が出回っています。黒であればレースやリボンのついたデザインも許されるので、検討してみるのもいいでしょう。

男女ともフォーマルな黒い革靴で、光沢のあるエナメルや金具付きのものなどは避けましょう。
●男性の場合:つま先がストレートチップで内羽式のものがフォーマルスタイルですが、プレーントゥを履くケースも増えています。ローファーはカジュアルなイメージのため、お葬式にはふさわしくありません。
●女性の場合:本来は布製の靴が正式ですが、革製でも問題ないとされています。黒いシンプルなパンプスが基本で、金具などの飾りや光沢のあるエナメルは避けます。つま先は尖っていないプレーントゥで、ヒールの高さは3~5㎝ほどのミドルヒール。ローヒールやハイヒール、ウェッジヒール、ピンヒールは避けましょう。ただ、高齢の方や妊娠中の方などは、かかとが低くて歩きやすいものでも大丈夫です。また、夏場はつま先やかかとの空いたものを選びがちですが、お葬式にはNGです。


喪服は、年齢とともに買い替えるほうがいい。

滅多に着ないものだからこそ品質のいいものを選び、長く大切に使いたい喪服。けれどもなかなか「一生もの」というわけにはいきません。年齢とともにふさわしいデザインは変わりますし、体形の変化もあります。その点、和装は融通性がありますが、高齢になって体力が衰えてくると、着やすく動きやすい洋装を選びたくなるもの。喪服も、時機を見ての買い替えをおすすめします。

では、どんなタイミングで喪服を買えばいいでしょうか。

一般的には、「身内に不幸があったときに購入する」というケースが多いようです。しかし、安価なものではありませんし、できればある程度吟味する時間がほしいもの。人生の節目は喪服を買ういい機会です。若い世代なら成人式や卒業、新社会人になるとき。結婚を機会に喪服をそろえるのもいいでしょう。また、昇進などで責任あるポジションを任せられるようになると、おつきあいの幅も広がります。手持ちの喪服で大丈夫なのかを見直す、いいタイミングになります。

買い替える場合には、品質がよく、長く着られるデザインやサイズのものを選ぶといいでしょう。とくに、40代~50代の方で「若いときに買った喪服のまま」という人は、喪服の再検討をおすすめします。保存状態を確認するとともに、試着してサイズ感やデザインをチェックしてください。



喪服レンタルを利用するポイントは?

最近は「喪服はレンタル」という人も増えているようです。葬儀社や貸衣装店、美容院、インターネットでも取り扱いがあり、急な訃報に備えて24時間対応というところもあります。喪服だけではなく靴やバッグなどが一式セットで借りられ、和装の場合は着付けまで行ってくれるお店もあるようです。

レンタルの場合、手間がかからないのは葬儀社で手配してもらうことでしょう。お葬式の打ち合わせ時などに依頼ができ、とても便利。遠方の親戚の分もまとめて葬儀社でレンタルすると一気に手間が省けます。便利さに加えて、上質の喪服を安価に借りられるというメリットも見逃せません。喪服はシンプルなだけに品質の良さが際立つもの。滅多に着ない喪服にあまり値段はかけられませんが、レンタルなら予算を抑えられます。

そして、衣裳を借りるときに注意したいのがサイズです。喪服の場合は試着の時間がありません。そのため、あらかじめ自分のサイズを確認しておくことが大切。女性の場合は手持ちの衣装の号数を参考にしてください。男性の場合は身長・体重・ウエストがわかればふさわしいサイズが選べます。



いちばん大切なのは、故人への「気持ち」です。

喪服には細かいルールがいろいろあって、わずらわしいと感じる方もおられるかもしれません。けれどもそれを守ることで、故人を見送るにふさわしいお葬式を執り行うことができるのです。そう考えると喪服は単なる儀式のための衣装ではなく、故人の冥福を祈るそれぞれの“想いを表す装い”だといえるのではないでしょうか。



一覧へ戻る